18日目 アイスばっか食べてる 北見市~斜里


友人宅にて起床。出発前に近所の川にて釣りをする。

image

アタリらしきものはあったものの、結局釣れず。果たしてあれはアタリだったんだろうか。

その後お互い出発。2日間遊んでいただいて感謝。

友人は結婚していてもうすぐ子供も産まれる。良い家庭を築いてほしい。
気づくと同年代がどんどん結婚、出産していく。もうそんな年齢になっていたのかと驚く。
一番の幼馴染みももう子持ちだもんなあ。
自分も結婚できるんだろうか。結婚願望はあるんだけれども。
ああ、旅の最中に嫁さん落っこってないかなあ。

さて、本日は北見を出発し、屈斜路湖、摩周湖を経由して知床半島付近に宿泊する予定。
まずは屈斜路湖を目指すため、美幌峠を越えます。

image

道中の景色がどんどん何もなくなってくる
こんな感じの草原か、畑かの2択。

image

畑にはよくこんなコンテナが放置されていた。
どうやら玉ねぎを乾燥させているらしい。
調べてみると北見市の玉ねぎは生産量日本一。通りでそこいら中に置いてある。
こうやって生産されたものが食卓まで届くのか。いつもありがとうございます。

しばらく走り続け、道の駅美幌峠に到着。

image

裏側に展望台が設置されているので、早速登ってみる。

image

image

image

image

屈斜路湖を始めとする360度の展望。
これは素晴らしい。

image

美空ひばりさんの歌にもなっているようで、石碑が設置されていた。
歌も流れていて、どういう仕組みかと思ったら死角にラジカセが置いてあるだけだった。
道の駅内にはご本人からの手紙も展示されてました。

image

展望台の眺めに見入っていると、自衛隊さんが集団でご来店。
迷彩服って本当に見づらくなるのか。

店内に入ってみる。
ここのお店はあげいもという商品が有名らしく、そこいら中に有名人のサインやテレビ出演時の写真が貼ってあった。
北海道産のキタアカリをそのまま揚げてあるみたい。

image

image

どんなもんかと食べてみると。本当に美味い。
上手く表現はできないけれど、じゃがいも自体が本当に美味い。
甘味もあるし、とにかく美味しかった。素材の味が良いんだろうか。

image

あまりにもあげいもが美味しかったので、続いて朝採りゆでとうもろこしを購入。
めっちゃ甘い。なにこれ。
朝採りってのと、軽く塩で茹でてあるので、より甘味を感じる。
店員のお姉さんに聞いたら、よく砂糖でも入れているのかと聞かれるらしい。
いやー美味しい。

image

調子に乗ってまたテレビで紹介されていたいももちを購入。
これも美味しかった。
さっきの2つと比較すると驚くほどではなかったけれど、十分に美味しかった。満足。

image

2階の休憩室にあがってみると、恐竜の木彫り彫刻が置いてあった。
クッシーというらしい。
昭和時代に目撃情報が相次いでマスコミまで騒いでたらしい。ほんまかいな。
そんなこんなで出発。屈斜路湖へ。

image

屈斜路湖に入ると、釣りをしている方がちらほら。
ぽけー写真を撮りながらと見物していると、一人の方が合図を送ってきた。
かかったらしい。

image

image

ニジマスの稚魚でした。リリース。
神戸から来た方で、こちらに来て初日、初めて釣りをしてみたらやたら釣れて以降釣りをしながらツーリングしているらしい。
いろんな人がいるもんだなあ。

image

少し進むと無料の露天風呂が。これで無料。オーナーさんのご厚意らしい。
眺め、風呂の温度共に最高。
観光客の人が覗きにきたりするが、そんなん気にならないくらい。
むしろ雑談できて楽しかった。

帰りにオーナーさんにお礼を言い出発。
木彫りの彫刻などを作りながら生活をしている方だった。
その一環で温泉も作ったのだとか。
近年のSNSにまみれた現状を嘆いていた。たまには手書きで旅の便りを両親に送りなさい。それは両親にとってすばらしい財産になるよと諭していただいた。確かに。自分の主張を持った方だったなあ。いい人だった。

さて、次は摩周湖へ。

image

摩周湖には有名なアイス屋さんがあるというので立ち寄ってみた。
地元では新メニューが出来ると新聞の記事になっている様子。
有名人の方々も来店されていた。日ハムの稲葉さんとか、原田知世さんとか。

image

特製のバニラが非常に濃厚らしいので注文。

評判通りの濃厚さでした。美味。
近所に欲しい。

店員のおばちゃんに道を訪ねると、この先の第3展望台だと駐車料金もかからなくてお得だよーとのこと。
とういうわけで第3駐車場へ。

うーん峠道。たまにガードレール無い。

image

摩周湖自体は、あー湖だな。という印象。
雲海が出ると物凄い神秘的な景色が広がるらしい。
ちょっと日が悪かったか。

image

知床へ出発。木漏れ日が気持ちいい。

image

道中、またもや有名なアイス屋を発見。
くりーむ童話。牧場直営の手作りアイス屋さん。
立ち寄る。
それにしても店名がセイントセイヤのペガサス神話に似ている。
オーナーさんの趣味なんだろうか。クリームファンタジー的な。

image

写真には写っていないけれど、木製のベンチとかもあって可愛らしい印象。

味もやたら多い。
シングル350円、ダブル400円、トリプル450円、スペシャル(6種類)600円らしい。
迷う。多すぎて量少ないのと、味が混ざりすぎのも嫌なのでダブルにする。
ミルクと枝豆を注文。

image

こいつは美味い。さっきのあいす屋も美味しいけれど、ここもめっちゃ美味い。
みるくは濃厚、枝豆はさっぱりとした甘さ。美味い。
ここで、他の味も食べてみたい衝動に駆られる。

バニラとカボチャのダブルを注文。
最初からスペシャルにすれば良かった。
いや、でもやっぱりめっちゃ美味い。次いつ来れるか分からない

image

から、これでいいのだ。

image

観光しすぎて日が暮れてきた。

知床の斜里町に到着する頃にあたりは暗くなってしまい、ビクビクしながら運転。
ライダーハウス、クリオネに宿泊。
明日は知床半島へ。

スポンサーリンク
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
ブログランキング参加してみました
宜しければクリックお願いします
5 Comments

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。