88日目 人生は最後の武器 鹿児島県鹿児島市~鹿児島県指宿市


朝起きるとホームレスのおっちゃんが増えていた。
やっぱり寝床として利用されているらしい。
6時になると係の人が来るらしく、5時を過ぎると各自撤収の準備。
というわけで5時過ぎににフェリーターミナルを出るも、外は雨。
道路挟んで向かいに24時間営業のマクドナルドがあるので、そちらでブログの下書きを行い時間を潰す。
雨はなかなか止まず。気づけば時計は9時を回る。
ブログ書く内容が溜まっているので、時間の過ごし方には困らないので構わないんですけどね。
というわけで引き続きBluetoothキーボードを叩いていると、目の前の窓を叩かれる。
反応して見てみると、昨日まで一緒に行動していた種子島のチャリダー組だった。
彼らはこれから沖縄へ向かうらしい。いいですなー。
話をしながら作業を進めていると、程なくしてキリが良いところまで更新が終わり、そのタイミングで晴れ間が出てきたので先に出発することに。

次に会うのはいつになることやら。
旅の最中で会った人ってまた会えそうな気がするから不思議なんだよな。

実際Facebookで繋がっているから会えるっちゃ会える。

今日は鹿児島の西側の最南端、指宿を目指す。
その途中、山沿いの知覧にも立ち寄る予定。
そこまで距離は無いので、気楽に進みます。

途中、南海部品に立ち寄る。

image

チューブとプラグを購入。
年中バイクに乗れる地域だけあって、店が大きい。

途中にある県道23号線への交差点を曲がり、ひたすら真っ直ぐいくと知覧に着く。
標高がやや高いこともあり、走っていてなかなかに寒い。
九州って冬も暖かいのだと思っていたけれど、普通に寒い。

知覧の町には水路が流れており、中には鯉が泳いでいた。

image

散歩していると口パクパクしながら近寄ってくる。

まずは武家屋敷群へ。
保存地区自体は一本の通りなんだけれども、その両側に当時の外観を残した住宅が並ぶ。

image

image

そして、その屋敷内の庭園が売りらしい。
庭園に入る場合は共通入園券が必要になったので購入。

image

こちらで入場券を購入。

image

image

image

image

image

綺麗なことは分かるんだけれども、庭園の魅力にはまた目覚めていないので深いところで楽しめていない気もする。

image

岩で鶴と亀を模してあるという岩。
うむ。

庭園は今の自分にはちょっと敷居が高かった。

image

image

途中にあった休憩所にてお茶を頂く。
知覧茶とげたんはという鹿児島のお菓子。ふ菓子みたいな味。暖めると優しい甘さがして美味しい。
セットで200円。

image

お茶だけでなくみかんや

image

傘提灯という珍しい提灯も販売。

その後、特効平和会館へ。

image

image

image

image

館内は撮影禁止なので外の一部のみ。
戦闘機は映画で使用されたものであり、実機ではない。

館内には特攻隊に関する資料や、戦闘機の実機が展示されています。
そして、作戦で無くなった方々の遺書や遺品も。というよりそれがメインと言っても差し支え無い。

元々知覧には陸軍飛行学校の分校があったが、太平洋戦争の戦況の悪化に伴い、最前線の沖縄に近いこの分校が特攻隊の基地、知覧特攻基地へと変更。
最南端の特攻基地だったため、この知覧から作戦に出撃した人数が一番多かった。
作戦自体は聞いたことはあるかと思うが、要は250キロもの爆弾を翼にぶら下げて敵艦に体当たりをするというもの。
当時はこの沖縄戦だけで10代から20代の特攻隊員1036名が戦死したらしい。
内この知覧からは439名が出撃。
そんな特攻隊員の名前と顔写真、遺書遺品が戦死した順に展示されていました。

これは、見ていて辛い。
母に宛てた手紙、家族に宛てた手紙、恋人、娘息子に宛てた手紙。
野球が好きだったという旨の遺書。
母宛に、軍に入ってから3回しか会えませんでしたね。何年ぶりかに再会の待ち合わせをした時、母さんが大きなリュックを背負いながら嬉しそうに走ってきた姿が忘れられません。その場では照れ隠しで悪態をついてしまったことを後悔している。本当は嬉しくてしょうがなかったという旨の遺書で視界が滲んで前が見えなくなった。
子供が成長して早く読めるようにとカタカナで書いた遺書。
自分が死ぬと分かっていてこんなに家族や国を思いやった内容を、一字一句丁寧に書き上げる精神力が自分にはあるだろうか。

出撃が待ち遠しい。早く敵艦を轟沈させたいという内容が多かった。
軍事色の強い教育が影響しているのか。
特攻を美談のように報道している当時の新聞も展示されており、これから出撃する隊員に出撃の心境をインタビューしているというものもあった。
凄い時代だ。

3時間、じっくりと腰を据えて目に焼き付けた。
機会があれば是非訪れてほしいと思える場所。
本で見るのと実物を見るのとでは、現実感が比較にならなかった。
冷静に考えると、恐ろしい作戦だ。

ちなみに知覧

image

赤崎教授の出身地なんですね。

その後、指宿市までバイクを走らせる。
特攻平和会館にて長時間過ごしたため、暗くなってしまったが後悔は無い。
指宿に到着する頃には真っ暗な上に雨も降り始める。
流石にもう慣れた。

指宿では、鰹節が特産品らしく、それを用いた鰹節の入った指宿ラーメンなるものがあるという。
早速夕食代わりに食べに行く。

image

到着。2代目さんというお店。このあたりの鰹節ラーメンの元祖らしい。
仙台ではアーケードの天一前にあるあの箸が上下に動くラーメンの看板。
平日で天候が悪いながらもお客さんは入れ替わりながら常に地元客が2~3組入っていた。
土日はかなり混むらしい。
注文をすると10分もかからず出てくる。

image

勝武士ラーメンと、隣にあるのが勝武士けい飯。
鰹節の出汁が効いていて、スープがとても美味い。あっさりで飲みやすい。
麺はモチモチ。
とにかくスープが美味い。こってり好きからしても美味い。

鰹節けい飯はラーメンのスープをかけてお茶漬けにして頂く。
これも美味いんだなー。
パンチは無いけれど、みんなが美味しいと言うような良いラーメンでした。

その後さらに南に走り、道の駅山川港活お海道なる道の駅に辿り着く。
やたらとキャンピングかーが停まっており、軒下も多い。トイレも24時間。
ここで寝かせていただいた。

本日の移動距離 94.2km

スポンサーリンク
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
ブログランキング参加してみました
宜しければクリックお願いします
2 Comments

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。